かしこく葬儀会社と付き合うために

何れ廃墓になるなら、散骨・自然葬って大丈夫なの

散骨とは、故人の遺骨を火葬した後の焼骨を粉末のパウダー状にして、海・山等に撒く葬送方法をいいます。

又、自然葬とは、海や山などの自然の中に還すことで、散骨の一方法です。

少子高齢化の現在においては、先祖からのお墓も無縁墓になることが予想されることもあり、お墓が必要なのか注目されているところです。

しかし、一方においてはその方法においては、地元住民や市町村とトラブルになる可能性も多く、適切な方法で実地しないことには、法律上の問題に触れてしまう恐れも生じてきます。

清風会は、法律を順守し、かつ既存の宗教を否定することなく、自然に包まれ、自然の中に帰っていく葬送を提唱しており、一握りのご遺灰をお届けしますので、故人様と共に生きていく手元供養をお勧めしております。