かしこく葬儀会社と付き合うために

富山でお墓づくりをお考えの方へ

最近、テレビなどで「お墓参りをしてくれる人もいないから墓は要らない」と言っているのを耳にすることがあります。

それは人としてあまりにも寂しく悲しいことです。

幸い富山ではまだそのような風潮ではありません。

田舎だからというのではなく、人間に生まれてきて、家族ができ、死んでいく時に行き場所がないのでは、生きている間も安心できません。

お墓は死んだ人のためだけにあるのではないのだと思います。

家族や親族でも、なかなか会う機会がなくなってきている忙しい現代社会ですが、御墓参りというものはその家族や親戚が久しぶりに集まって顔を合わせることで、気のおけない会話などで楽しい時間を過ごせる場をつくるものでもあります。

そのような親族とのふれあいを深めるためにも、お墓は大切なものと言えます。

Comments are closed.