かしこく葬儀会社と付き合うために

葬儀でのお布施や御祭祀料に関するマナー

葬儀がすんだ後に宗教者に渡す謝礼のことを仏式では「お布施」と言います(神式の場合では「御祭祀料」や「御神饌料」、キリスト教式では「御礼」または「謝礼」という呼ばれ方をしています)。

お布施や御祭祀料などを渡す時に白黒の水引のかかった不祝儀袋に入れて渡す人をよく見かけますが、葬儀は遺族の側にとっての不幸な出来事であって、寺院や神社、教会の側にとっての不幸ではないので、これはマナーとしては間違っています。

白い無地の封筒に包んで手渡すのが正しい謝礼の渡し方です。

また、お布施や御祭祀料は、はっきりと金額が明示されている場合が少ないので、いくら包めばよいのかわからない、という方も多いと思いますが、このようなときは、葬祭業者に相談するのが一番良いでしょう。

その地域の習慣なども踏まえて大体の相場を教えてくれるはずです。

それから、宗教者への謝礼も、葬儀費用として相続財産からも相続税の控除の対象となるので、忘れずに領収書をもらっておきましょう。

Comments are closed.